NEWSRSS

これからの製品安全情報管理

SIS
  1. 製品安全情報の構築
  2. 製品安全情報の表示を最適化
  3. 誰もが安心して閲覧できる環境づくり

などのセーフティ・マネジメントを支援します。

Safety

  1. 取扱説明書のWeb対応
  2. 危険の洗い出し
  3. 取扱説明書の文章チェックシステム
  4. 取扱説明書の表記項目(約200項)

Contents

  1. 取扱説明書
  2. 本体表示
  3. Webページ,PDFファイル

Security

  1. 製品データエビデンス保持
  2. イラスト文章などの著作権管理

SIS導入後のメリット
取説マスターEDiT 2013製品安全対策優良企業表彰で特別賞を受賞しました セミナー実積一覧 年間社員研修