HOME > 事業者の製品安全の悩み事と5つの解決策

戦略ブランディングへ!事業者の安全安心ブランドの構築を実現する5つのデザイン手法を解説

こんな悩みを抱えていませんか!?

事業者の悩み
  • “製品事故予防”どんな取り組みがありますか?
  • “リスクコミュニケーション”とは何をすればいいの?
  • “顧客満足”はどうやってつくるの?
  • “クレーム”が脅威でこわい…
  • PL対策”と“PL法対策”との違いは何…?
  • “消費者庁”設置で世間はどうかわるの!?
  • “リスクアセスメント”具体的にはどうするの?
  • 優位的な営業・販促展開が出来るの!?
  • そもそも“安心・安全”は誰のため?
  • 表記・表示の欠陥は…
  • 製品安全の法規や制度はどうなってるの?
  • “コンプライアンス”って何をすればいいの?
 

解決策

製品安全対策の全体を把握する
セミナーを受講して、全体的な製品安全対策をご理解いただき、自社の現状と、求められる対策水準とのギャップを検証します。
精度の高い取扱説明書の書き方・作成方法
まずは、クレームや問い合わせの件数を減らすこと!
取扱説明書の安全対策で得られる効果/事業者は「安全」を設計し、使用者に「安心」を与える
SIS【製品安全情報表示システム】で表記・表示の精度を向上します。
製品安全プロモーション/製品安全情報を展開する
顧客の安全を創造することは充分な付加価値です。製品安全情報を販促物や営業ツールに有効的に展開します。
製品安全対策で優位的なビジネス展開
製品安全文化を醸成し、社内や利害関係者と共有を図ります。
製品安全情報を、各種販促物などに有効的に展開します。
製品安全対策を充実し、顧客満足度の向上につなげます。
 
↓

このページに関するお問い合わせはコチラ

取扱説明書制作のご相談や製品安全デザイン導入について
詳しい内容のお問い合わせ、お見積書のご依頼は下記まで
取説マスター受付窓口:TEL.06-6643-5070
受付時間:平日10時〜18時 担当:正木まで

お問い合わせはこちら
 
 
製品安全対策の全体を把握する