HOME > 事業者の悩み事と5つの解決策 > 2.精度の高い取扱説明書の書き方・作成方法

精度の高い取扱説明書の作り方・作成方法

まずは、クレームや問い合わせの件数を減らすこと!

取扱説明書のガイドラインを参考にする

国際規格を取り入れた【取扱説明書のガイドライン】を参考にして、取扱説明書の書き方をマスターします。
・中小製造者向け機械安全教育プログラム(付属文書(特に、取扱説明書)作成のためのガイドライン):(一社)日本機械工業連合会
 [詳細目次]
 7.3.1 取扱説明書とは
 7.3.2 取扱説明書の作成方法
 7.3.3 取扱説明書の作成者
 7.3.4 取扱説明書の構成
 7.3.5 取扱説明書の編集内容
 7.3.5.1 重要事項説明
 7.3.5.2 製品説明
 7.3.5.3 指示・警告(安全上のご注意)指示文・命令文の書き方
 7.3.5.4 使用方法
 7.3.5.5 保守(お手入れ・保管方法)
 7.3.5.6 製品保証
 7.3.5.7 責任主体表示
 7.3.5.8 テキストのフォントサイズ及び図記号の高さ
 7.3.5.9 取扱説明書のデザインレイアウト見本
 7.3.5.10 安全データシート、その他の提供すべき情報

・JIS B 9700:2013 (ISO12100)
・JIS Z 8051 (ISO/IEC Guide 51)
・IEC82079-1
・SEMI S13-0305
・ISO10377
・ISO10393
取扱説明書のガイドラインのダウンロードは無償です。

 

表記項目〈約200項〉で基本編集

消費者視点、行政や協会の製品表示安全ガイドラインなど沿って、製品の説明不足を防ぐ【取扱説明書の15構成要件】と【取扱説明書の表記項目〈約200項〉】を定格しました。この項目に沿って取扱説明書を編集・デザイン制作します。

【取扱説明書の15構成要件】
1. 表紙
2. 重要事項説明
3. 商品説明
4. 各部の名称
5. 安全上のご注意
6. 使用方法
7. 定期点検
8. お手入れ・保管方法
9. 製品の廃棄
10. 故障かな?と思ったら(Q&A含む)
11. お問い合わせ窓口
12. 基本仕様
13. 消耗品
14. 製品保証
15. 責任主体表示

 

製品のリスクアセスメントと製品の操作手順を検証

製品の使用時に定められた「安全上のご注意」項目を、経験豊富なコンサルタントが、NITE 注1 の事故DBより過去の類似事故調査します。また、実際に製品を見て・扱って誤使用によるリスクを洗い出して見積りレポーティングいたします。

注1)NITE = 独立行政法人 製品評価技術基盤機構

【手順】
 1.製品の取扱説明情報を見てリスクの洗い出しを行い、危険項目を書き出す
 2.「NITE事故DB」から過去の類似製品の事故事例を収集・分析を行い、危険項目を書き出します。
 3.上記2点から抽出された危険項目をレポート提出します。

 

表記リスクアセスメント報告書は、エビデンス(表記の根拠)として手元に置く

表記リスクアセスメント報告書は、表記・表示のエビデンス(根拠)として、ご担当者様の手元に保管していただけます。また、取扱説明書デザインの元になる編集データが仕上がります。

 

取扱説明書をデザインする

表記リスクアセスメント報告書にもとづきイラストや文章を配置して、ユーザー視点で分かりやすくデザインできます。

 

取扱説明書のデザイン・テンプレートを利用する

取扱説明書の各種規格の制作ノウハウで標準化されたデザイン・テンプレートです。

1. 取扱説明書の各種規格の要件に基づいて標準化した、
 編集用のテンプレートです。

2. 各種規格で定められている取扱説明書の〈見やすさ〉
 〈読みやすさ〉を定義したデザインをフォーマット化
 しています。

3. テクニカルライティング(説明文章)と図解イラストの
 適正な配置レイアウト。

4. テクニカルライティング(説明文章)の適正な文字の
 大きさ。

5. 適正な指示・警告文章の表記方法とレイアウト。

6. 大見出し、小見出しと目次の関係。

7. 異なる制作者が制作する取扱説明書の品質が均一化になり
 〈見やすさ〉〈読みやすさ〉に配慮されている。

8. 様々な取扱説明書の文字サイズやデザインレイアウトや
 カラーリングが統一されることで、企業の製品品質が
 向上します。

 
↓

このページに関するお問い合わせはコチラ

取扱説明書制作のご相談や製品安全デザイン導入について
詳しい内容のお問い合わせ、お見積書のご依頼は下記まで
取説マスター受付窓口:TEL.06-6643-5070
受付時間:平日10時〜18時 担当:正木まで

お問い合わせはこちら
 
製品安全対策の全体を把握する
事業者は「安全」を設計し、使用者に「安心」を与える