HOME > ソフトウェア【取説マスターEDiT】

取説マスターEDIT

取扱説明書の自動作成ソフト【取説マスターEDiT】とは

取扱説明書の表記項目〈約200項〉が安全対策に貢献。

取扱説明書の表記項目〈約200項〉を入力フォーマットに仕上げた取扱説明書の台本制作ソフトです。
取説マスターEDITを利用することにより、製品の説明不足を防ぎ、表記エビデンスの保持など社内の製品安全対策が向上します。
製品安全情報の一元化・共有利用により業務効率・時間短縮・コスト削減が期待できます。

 

取扱説明書の安全対策・コスト削減

今までの課題を取説マスターEDiTが解決します

大手企業・競合製品の取扱説明書を真似(コピー)する。

著作権侵害やコンプライアンス違反の恐れがある
表記根拠のあるオリジナルの文章が作成できる。

取扱説明書の修正と校正作業を何回も繰り返している。

編集コストに数十万円〜百万円近くかかっている
ムダな修正・校正作業を省け人件費が削減できる。

お客様からのお問い合わせやクレームに時間をとられている。

電話対応に相当な人件費がかかっている
取扱説明書の内容が充実し、問い合わせ電話が少なくなる。

精度の高い取扱説明書の台本が社内で簡単に作成できます。

画面の項目に沿って文章と写真を入力します。

  • 主な参考規格
    ISO12100(JIS B 9700)[-機械類の安全性-について]
    ISO/IEC Guide51:2014[安全設計の基本概念]
    IEC82079-1:2012[使用説明の作成-構成]
    ISO10377[消費者製品安全-供給者のためのガイドライン]
  • 経済産業省発行〈流通事業者 マーチャンダイザー・バイヤー向け製品安全チェックリスト〉の取扱説明書の構成要件に基づいたフォーマットです。
  • (一社)日本機械工業連合会発行〈中小製造者向け機械安全教育プログラム:付属文書(特に、取扱説明書)作成のためのガイド〉の構成要件に基づいたフォーマットです。
  • 上記ガイドラインをふまえ、取扱説明書のデザイン制作(独自ノウハウ)表記項目〈約200項〉で構成しています。
    1. 表紙
    2. 重要事項説明
    3. 商品説明
    4. 各部の名称
    5. 安全上のご注意
    6. 使用方法
    7. 定期点検
    8. お手入れ・保管方法
    9. 製品の廃棄
    10. 故障かな?と思ったら(Q&A含む)
    11. お問い合わせ窓口
    12. 基本仕様
    13. 消耗品
    14. 製品保証
    15. 責任主体表示
↓

製品の説明不足を防ぎ、製品リスクと正しい使い方の理解が高まります。

 

取扱説明書のデータベース化で制作が合理的に。

入力情報(文章・画像)はデータベース管理します。

取扱説明書のデータが印刷用の版下しかない。

データの再利用が困難で、限られた人しか利用できない
製品情報DBの構築で誰でも簡単にデータが利用できる。
製品に関連する情報を登録
表記内容や各表記物
  • 文章データ
  • 製品写真画像データ
  • 製品イラストデータ
  • 取扱説明書版下データ
  • 本体表示データ
  • パッケージデータ
  • カタログ
  • チラシデータ
プロダクトコンセプトシート
  • 販売状況集計ファイル
  • 流通店頭調査ファイル
  • マーケティングファイル
  • パッケージ開発ファイル
  • 製品アイデアシート
プロダクト要求仕様書
  • 機能要求ファイル
  • 外部要求ファイル
  • 設計図書ファイル(図面CAD・3Dデータ)
エビデンスシート
  • 各種試験証明書
  • 各種物理試験成績書
  • 各種取得認証(PSE、PSC、PSTGマークなど)
  • MSDS(製品安全データシート)
  • 製品に関するコンプライアンスシート
  • 入力情報は製品ごとにフォルダで管理されます。
  • 登録されるデータファイルの形式や拡張子は問いません。製品に関連する情報はソフトに格納できます。
  • 入力情報は、DB管理されていますので、キーワード検索が行えます。
  • 社内で新旧バラバラだった製品情報を一元化して、担当者間や部署間での情報の齟齬を防ぎます。
  • 入力情報が複製できるので、シリーズ製品の取扱説明書の制作がスムースです。
↓

製品情報の一元管理。入力情報を有効利用。

 

入力情報はボタンひとつで取扱説明書の台本に。

取扱説明書の台本はエクセルデータで出力できます。

プリントして手軽に社内回覧でき、修正指示や確認作業がスムース。 イラスト作成やページネーションなどをデザイナーやDTPオペレーターへの指示原稿として活用できます。

また、取説マスターEDiTに付属のDTPデザインテンプレートデータ(Adobe Illustrator形式)を利用してデザイン展開すれば、見やすくて解り易い取扱説明書を、より効率よく仕上げることができます。

 
↓

業務効率化・時間短縮したうえで、精度の高い取扱説明書が仕上がる。

↓

このページに関するお問い合わせはコチラ

取扱説明書制作のご相談や製品安全デザイン導入について
詳しい内容のお問い合わせ、お見積書のご依頼は下記まで
取説マスター受付窓口:TEL.06-6643-5070
受付時間:平日10時〜18時 担当:正木まで

お問い合わせはこちら